2019 TIAS(第37回)

2019東京インターナショナルオーディオショウ

2019東京インターナショナルオーディオショウ

今年で37回目を迎える 2019東京インターナショナルオーディオショウは、11月22日(金)、23日(土)、24日(日)の三日間、東京国際フォーラムで開催いたします。 出展全33社(予定) 海外・国内あわせて200を超える優れたブランドの個性あふれる本格的オーディオ機器だけが持つ魅力を国際フォーラムのくつろいだ雰囲気の中で心ゆくまでお楽しみください。

2019 Tokyo international Audio Show

The International Audio Society of Japan (IASJ,) will be presenting the Tokyo International Audio show from 22nd November through 24th . Rich textured analog music to detailed and spacious sound of digital music will be played in 35 rooms. Each exhibiting room is acoustically sealed providing an ideal listening environment for playback demonstration. The world’s top-notch 200 brands will be exhibited, portraying the joy of listening. Please visit the show and feel the superb reproduced music through the high-end consumer audio equipment. You will feel “you are in a live music event”.

Time schedule:

22nd Nov.(Fri)10:00 ~ 19:00

23rd Nov.(Sat)10:00 ~ 19:00

24th Nov.(Sun)10:00 ~ 17:00

The show is located at: Tokyo International Forum, 3-5-1 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo

Access: by rail: within walking distance from Yurakucho station (Tokyo Metro and Japan Railway) or Tokyo central station (Tokyo Metro or JR)

Exhibitors: 33 distributors and manufacturers represent 205 brands

About the Tokyo International Audio Show The show started 1983 as the “ Import Audio Show” to introduce cutting edge audio technologies and the joy of listening music through such high-end audio equipment. Since 1997 the show has been located at the Tokyo International Forum; it is an annual event. The number of visitors during the show’s 3 day period is over 10,000. Analog players to hi-res file music will be demonstrated in acoustically ideal listening environment. Listeners will enjoy quality music in a cozy environment, played on affordable high-end to flagship equipment rarely seen at stores.

Events Exhibitors are planning to have seminars by audio reviewers or engineers in their own exhibit rooms. Please refer to official site of IASJ, www.iasj.info.

Exhibitors: (for details and brands, please visit:info.iasj.www)

About the International Audio Society of Japan (IASJ) IASJ is a private organization for the purpose of introducing and promoting world class audio equipment. It originated in 1983 as “ Society of Consumer Audio Distributors”, and reorganized in 1997 with the current members. 33 distributors and manufacturers incorporated in Japan are the members of IASJ. The show is managed by a task force group of the members.

Cosponsors Stereo Sound Inc., Ongaku no Tomo, Ongen shuppan Co., Ltd., Seibundo Shinko sha, IA press, Ongaku shuppan, Sankei news Co., Ltd, Makino shuppan Publications and software are sold at the entrance lobby floor (B1)

Support Audio Dealers in Japan

EVENT

東京インターナショナルオーディオショウにご来場いただきますと出展各社よりスペシャルなノベルティグッズを抽選で600名様にプレゼント!

※入場受付の際にお渡しする入場パスの裏面がスクラッチカードになります。当選された方はカードを持って記載のブースへお越しください。引き換えにノベルティグッズを差し上げます。

MEMBERS TOPICS

  • アブサートロン

    ボルダーの新製品インテグレーテッドアンプ866が世界に先駆けて、大好評のフォノアンプ508と
    タッグしてボルダーサウンドを奏でます。もちろん、音の出口は定番のウエストレイク8.1Fです。
    貴方の耳でぜひお試しください。ガラス棟G501でお待ちしております。

  • 株式会社ナスペック

    発表以来大きな反響をいただいている英国ROKSAN社のアナログプレイヤーXERXES(ザクシーズ)や、PLAYBACK DESIGNS社の一体型SACDプレイヤーの最高峰MPS-8はもちろん、会場で初めて発表する新製品を多数ご用意いたします。Vienna Acoustics社からは、遂にモデルチェンジされるBeethoven CG Reference、PRIMARE社からは、PRE35/A35.2セパレートアンプ。フランスらしいデザインで高い評価を獲得しているNorStone社からは、サウンドににこだわったSpiderシリーズが登場します。光HDMIケーブルのFIBBRももちろん初展示。

    是非、東京インターナショナルオーディオショウ2019「G405」ナスペック・ブースへ足をお運びください。

  • アクシス

    ●アクシスブースは今年もD棟5F [ Hall D5 ] です。
    昨年日本初上陸となったスコットランドの新進スピーカー”Fyne Audio”(ファイン・オーディオ)に、待望のフラッグシップモデルF1-12が加わりました。ハイエンドスピーカーの開発に長く携わってきた経験豊かな技術陣が練り上げた革新のテクノロジーによる驚異のサウンドをぜひご体感ください。
    また、Dan D’Agostinoでは、6年ぶりの最新プリアンプMOMENTUM HD PREが登場。その他、定番Ayreのリファレンスアンプ、FM Acousticsの弩級アンプ、MSBテクノロジーの超デジタルシステムなど、話題の精鋭製品を展示、ご試聴いただけます。

    ブースでは来日メーカースタッフによる講演を軸に様々なイベントを開催します。●講演スケジュール

    皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • 株式会社アーク・ジョイア

    「G棟403 アーク・ジョイアブース」では、話題の新製品を揃えて講演を行います。
    エストニアのスピーカーブランド「エステロン」
    スイスのアンプブランド「ソウリューション」
    スイスのターンテーブル「ディ・ベア」
    イタリアのスピーカーブランド「フランコ・セルブリン」
    各社の組み合わせでアナログレコード、CDを演奏致します。

    <注目のオーディオシステム>
    Estelon 大型フラッグシップスピーカー「Forza」
    Soulution フラッグシップアンプ「7シリーズ」
    DE BAER ハイエンドアナログシステム「Topas & Onyx」
    皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

    演奏スケジュール

  • 株式会社ノア

    「G棟402 ノアブース」では、ソナス・ファベール(イタリア)、ブルメスター(ドイツ)製品を始め海外ハイエンドオーディオブランドの機器を組み合わせてアナログレコード、CDを演奏致します。

    <見どころ、聴きどころ>
    ・スピーカーシステム
    Sonus faber / Aida Ⅱ 大型フラッグシップモデル
    Sonus faber / Electa Amator Ⅲ 今年発売の35周年記念モデル
    Sonus faber / Minima Amator Ⅱ 参考出品(展示のみ)

    ・アンプシステム
    Burmester / 077+PSU フラッグシッププリアンプ
    Burmester / 911mkⅢ ハイエンドステレオパワーアンプ
    Burmester / 101 ハイエンドプリメインアンプ
    ・アナログシステム
    Dr. Feickert / Firebird フラッグシップターンテーブル
    KLAUDiO / ARM-MP12 mkⅡ リニアトラッキング・トーンアーム

     

    毎時、スピーカーとアンプを入れ替えた盛り沢山の演奏となります。
    皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

    演奏スケジュール

  • TRIODE

    今年のトライオードは見逃せない、聴き逃せない注目モデルが満載です。KT150搭載プリメインアンプ「MUSASHI」と300Bパラシングルプリメインアンプ「TRZ-300W」は、トライオード創立25周年の気合いを込めた自信作です。本格プリメインアンプで、それぞれの真空管の持ち味を最大限に引き出します。また、真空管搭載のCDプレーヤー「TRV-CD6SE」は、“これぞ最後のCDプレーヤー”と心して丹念に作り上げた完成形です。是非ご自身の耳でお確かめください。試聴室スケジュールはこちら>>>

  • アキュフェーズ

    アキュフェーズではガラス棟4階のG407にて、新製品の演奏を中心に自社講演を行います。

    ブース内には全ての現行製品を展示しており、実際に開発を行った技術部員が製品の説明を行います。

    音楽の演奏と詳しい解説で製品の魅力をより感じていただければ幸いです。

    皆様のお越しを心よりお待ちしております。

    <今年発売の新製品>

    ・純A級ステレオ・パワーアンプ A-48

    ・プリメイン・アンプ E-380

    ・純A級プリメイン・アンプ E-800

    自社講演スケジュール

  • Yamaha

    ヤマハブースでは、11月に発売したターンテーブル「GT-5000」に、発売より好評をいただいておりますHiFiセパレートアンプ「C-5000」「M-5000」、スピーカー「NS-5000」を加えたフラッグシップHiFi5000シリーズを出展、デモンストレーションいたします。

    みなさまのご来場をお待ちしております。

    ■出展ブース:ガラス棟G605

    ■試聴スケジュール(各回45分)

    22日(金)10:30/11:30/12:30/13:30/14:30/15:30/16:30/17:30

    23日(土)10:30/11:30/12:30/13:30/14:30/15:30/16:30/17:30

    24日(日)10:30/11:30/12:30/13:30/14:30/15:30